心が苦しくて悩んでいるなら最初の一歩を踏み出してみませんか?

簡単にできるうつ病チェックを活用しよう|睡眠が大切になる

早期治療が重要になる

看護師

うつ病になっていることを患者自身が気づかなかったり、気づいていても認めたくないというケースもあるといいます。しかし、治療しないことで重症化していきますので、早期治療が肝心となります。早めにチェックして受診しましょう。

Read More

リスクを考える

ドクター

うつ病は誰にでも起こり得る病気になります。正しい理解を持っておくことが重要です。また、普段からうつ病チェックなどを行ない、自分自身の日常生活を振り返ることも大切になります。

Read More

病気のことを知ろう

男の人

ストレスというのは、日常生活における様々な場面で感じられるものです。軽度のストレスであれば、自分自身で解消することができるでしょう。しかし、ストレスが軽度かどうかは人によって異なるため、一概にこのストレスは軽度・中等度・重度であるとは言えません。もし、中等度・重度のストレスを日常的に感じている場合、うつ病チェックを受けることをお勧めします。それはインターネットを利用することで気軽に受けることができるチェックになります。そのうつ病チェックでは、自分自身がうつ病の可能性があるのか、または、うつがどれくらいの状態にあるのかなどについて知ることが可能です。うつ病チェックの診断結果は簡易的なものとなるため、確実性のあるものではありませんが、そこから精神科や心療内科といった医療機関の受診を検討することに繋がるはずです。インターネットで利用できるうつ病チェックは、簡易抑うつ症状尺度(QIDS)を基にした診断方法で、日常生活に関する16の質問に回答することによってうつ病かどうかを判定します。また、16の質問の回答方法は4択方式となっており、提示された4択と質問を見比べ、自分自身の状態に最も近いものを選んでいきます。回答自体は5分以内で終わるため、誰でも気軽に利用することができるのです。

うつ病チェックでは、どのような質問が用意されているのでしょうか。例えば、寝つきや、睡眠についての質問があるようです。うつになると、寝つきが悪くなったり、十分な睡眠が取れなかったりすることがあります。そのため、昼間についウトウトしたり、ボーッとしてしまって、仕事中にミスをしてしまう患者さんも少なくありません。周囲にもなかなか理解されにくい状況だといえます。そして、そうした問題がさらにストレスとなり、うつを重症化させてしまうのです。また、うつの症状として、目覚めが早くなってしまうケースも多いといいます。朝早く起きてしまうと、睡眠不足という問題だけではなく、精神的にもツライ時間が長くなってしまうことで、余計にうつを悪化させてしまうという問題が出てくるといいます。抗うつ薬と睡眠薬を服用して少しでも眠れるようにすることは大切になります。しかし、できるだけリズムよく睡眠生活を送ることが重要になってくるので、できるだけ昼間は身体を動かして、夜は心地よい疲労とともに眠るというサイクルになるように心がけたいものです。

4つのストレスがある

ウーマン

うつ病の原因として大きな影響があると考えられているのが、ストレスになります。ストレスと一口に言っても、原因によって種類が分かれています。それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

Read More

サインを見逃さない

男性

うつ病患者か否かというチェックとして有効になるのが、患者さん自身が発するさまざまなサインを見逃さないことになります。患者さん特有のサインの特徴を見極めて、早期治療を進めていきましょう。

Read More

状況によって見極める

カウンセリング

うつ病かもしれないというサインを覚えておくことはとても大切になります。本人が自覚していなくても、周囲が病気に気づいてあげることができるからです。職場や家庭など状況によって異なるサインの特徴をチェックしていきましょう。

Read More